■■ がんサバネット通信 第58号 ■■

NPO法人日本がんサバイバーシップネットワーク会員のみなさま

事務局でございます。酷暑に台風、ときどきスコール、日本が亜熱帯になったかのような日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。どうか、みなさまへの影響が最小限でありますように。

さて、今回の通信は、理事・小島さんのエッセイから始まります。また7/29の「わたしに力をくれた言葉」のふりかえり、そして9月のイベントのお知らせをお届けします。どうぞさいごまでお読みください。

【目次】—————

リレーエッセイ「楽観主義と悲観主義」 理事 小島俊一

交流イベント「わたしに力をくれた言葉たち」(7/29) を開催しました

平日夜のオンラインイベント「続・就労100連発(9/19)」)~お申込み受付中

夜の競馬場への誘い(9/21)~お申込み受付中

■■ 1. リレーエッセイ 「楽天主義と悲観主義」 理事 小島俊一

あなたは、楽天的ですか?悲観的ですか?状況によって違うかと思いますが、比較的にはどちらですか?それがわかる下の質問に答えてみてください。

「何かが自分に起きた時の自分への説明スタイルはどちらですか?」

あなたは、良い出来事には永続する理由があると信じていて成功した後もその幸運を信じ続ける。

あなたは、悪い出来事が起きると自分に起こった不幸は永続的で悪い事は続くもので、いつまでも自分の人生に影響を与えるだろうと考える。

誰でも無意識の内にどちらかを選んでいます。ある程度年齢を重ねてからは、人の性格が変わる事はありませんが、考え方と言葉は幾らでも変えることが出来ます。楽天主義と悲観主義は同価値だと思います。悲観主義もリスクヘッジを大切にする考え方です。だから、どちらが自分の現実を良い方向に変える力になり得るかを考えてご自分で選択すれば良いのだと思います。楽天主義も悲観主義も性格ではなくて思考のクセに過ぎませんから、どちらでも選択する自由があります。

楽天主義でも悲観主義でも共通して役に立つ言葉を紹介します。
「私は、良い事でも悪いことでも、なぜ起きたのか?ではなく、何のために起きたのか?を考える」

人生に起きた様々な出来事から何を学ばれますか?

■■ 2. 交流イベント「わたしに力をくれた言葉たち」(7/29) を開催しました

7/29に東京・白金台のがん在宅緩和ケア支援センター「ういケアみなと」にて、会場とオンラインをむすんだイベント「言葉から立ち上る力を Vol.3 わたしに力をくれた言葉たち」を開催しました。会場10名、オンライン20名ほどの参加者が、言葉にまつわるさまざまな思い出や想いを分かち合う時間となりました。イベントは、会員・西村和佳子さん(宮城)のお話「こころのキャンバスには」から始まり、全国の会員の方々から寄せられた20近くの言葉とお便りを、会員でフリーアナウンサーの石森恵美さん(静岡)が朗読。言葉を寄せてくださった方々からは、会場やオンラインで、言葉にまつわる大切なエピソードを語っていただきました。胸がいっぱいになる場面があったり、あっと驚くサプライズもあったり!(会員サイトでの動画公開をお楽しみに。)

以下は、参加者アンケートの一部です。

「言葉の深さ、力、難しさを思いました。『寄り添う』が言うほど簡単ではないことも改めて。さらりと言われた言葉が生涯に残ることもあると気づきました。」

「気持ちが温かくなりました。また参加させていただきたく思います☆」

「慣れないズームに挑戦して良かったです。気持ちの通うイベントに参加できました。」

「オンラインでの参加でしたが、会場に流れる空気の温かさを感じました。皆さん、力が抜けた感じで、ご自分の言葉をそのままに話されている感じがとても心地よかったです。」

実は、オンライン参加のみなさまには、会場の音声が一部聞きとりにくい状況であったことが終了後にわかりました。大変申し訳ありませんでした。当日の動画は編集して会員サイトで公開しますが、いま、音声がより聞きやすくなるよう調整しています。ぜひあの日のことばを、もう一度じっくり味わっていただければと思います。

■■ 3. 平日夜のオンラインイベント「続・就労100連発(9/19)」~お申込み受付中

昨年5月に開催したオンラインフォーラム「就労100連発」を覚えておられますか?サバイバーにとって重要なテーマである「がんと就労」。全国から寄せられた100の質問に専門家がお答えしました。今回はその第2弾として、特に、公的制度や社内の制度・規則、お金のことを取り上げる企画です。事前質問も大募集!開催時間内に目指せ100 問!ご一緒に考えていきましょう 。詳細とお申込みは下記からどうぞ

一般の方も参加費1,000円でご参加いただけますので、お友達にもお知らせください。また、当日ご参加になれない方も、ご質問をお寄せいただければイベント内でご紹介します。(その場合は <当日は欠席> と自由記述欄にお書きください。)今回も、多くのご質問をお待ちしています!

■■ 4. 夜の競馬場への誘い (9/21木)~お申込み受付中

前号でもお知らせしましたが、9/21(木)に初めての<夜のおでかけ企画>を開催します。東京大井競馬場の、夜の“トゥインクルレース”を見に行きませんか?入場料は100円です。

https://www.tokyocitykeiba.com/access/

競馬場の中でビールを飲みながら、夜風に吹かれるのも良し。馬券を買っても買わなくても良し。競馬のロマンを語らせたら止まらない理事の小島俊一さんと副代表理事の村本高史さん、そして「競馬場初めて!」と盛り上がっている代表理事の高橋都さんも参加します。

 日 時:9月21日(木)18:30 集合

 集合場所:東京モノレール 大井競馬場前駅改札口(改札口はひとつ)

 解 散:各自判断でお好きな時間に現地解散

 雨天決行、荒天予報の場合は中止。各自でのドタキャンもありの緩い企画です。

がんサバネットの“楽しむ”のスピンアウト企画ですが、ご参加希望の方、あるいはもう少し詳しく知りたいという方は、お気軽に事務局までお知らせください。

以上

【配信元】—————————–

※当メーリングリストは事務局のみ配信可能となっております。(返信はできません。)

NPO法人日本がんサバイバーシップネットワーク

公式サイト https://jcsurvivorship.net/

公式Facebook  https://www.facebook.com/jcsurvivorship.net/

問い合わせ先  事務局アドレス