著者 中根千枝

書名 未開の顔・文明の顔

出版社 中公文庫

税込価格 絶版・中古書のみ

推薦コメント

社会人類学者の中根千枝氏がインドや西アジア、ヨーロッパを旅して未開と文明の意味を考察された紀行文の形の文明論です。「悠久」に生きるインドの人々という章では、「インド人と「明日、何時に××でお会いしましょう」と約束してその時間に相手が来れば、ありうべからざるほどの例外」なのだそう。時間の奴隷になっている日本人とは時間のとらえ方が根本から違うようなのです。

福本由美子

レビュー投稿フォーム
投稿する
     
キャンセル

レビューを投稿する

NPO法人日本がんサバイバーシップネットワーク
0 レビュー